Outdoor Information

【Trangia】トランギア傑作アウトドアギア5選!コンパクトで頑丈なキャンプ道具

  1. 【Trangia】トランギアとは?
  2. 【傑作アウトドア道具No.1】トランギア アルコールバーナー
  3. 【傑作アウトドア道具No.2】トランギア ストームクッカー
  4. 【傑作アウトドア道具No.3】トランギア ケトル
  5. 【傑作アウトドア道具No.4】トランギア メスティン
  6. 【傑作アウトドア道具No.5】トランギア フューエルボトル

【Trangia】トランギアとは?

トランギアはスウェーデン発祥のアウトドアブランド

トランギア社は1925年にJohn E.Jonssonが設立。

登山やアウトドアに適した道具として多くの人に長年トランギアが愛用されている。

多くの優れた探検家が生まれる北欧では、独自の文化が発展しており、そのアイデアが詰め込まれた。

トランギアはスウェーデン軍も愛用する

スウェーデン軍に支給されている調理器具として、トランギアのアルコールバーナーが用いられている。

厳しい環境下の中でも、耐えうる性能を持っているというのは明確だ。

アルコール燃料を主体での製品開発

トランギアが開発したアルコールバーナーは多くのユーザーに受け入れられ、ブランドの顔と言える製品だ。

アルコールバーナーを筆頭に、関連した製品を取り扱う。

無骨でありながらも便利さを兼ね備えている。

トランギアの社名由来

TrangiaはTrångsvikenという村の名前が語源。

Trångsvikenの「a」の上の〇マークを取り除き、アルミ製品の意「in aluminium」から「ia」を追加し、「Trangia」になった。

創立以降、半世紀を超えて愛用される製品を作り続けている。

そんなトランギアが改良開発を繰り返した、傑作アウトドア道具を見ていこう!

【傑作アウトドア道具No.1】トランギア アルコールバーナー

トランギア アルコールバーナー
原産国:スウェーデン/使用燃料:エチルアルコール/メチルアルコール/重量:110g/収納サイズ:径7.5cm×4.5cm

アルコールバーナーといえば「トランギア」と言われる程。

ニューヨークの銅細工人 J.ハインリッヒスが1905年にアルコールを用いた燃焼方法を開発し特許取得。

この構造をダイレクトに用いて、トランギアはアルコールバーナーを製造し始めた。1925年以来から続く歴史あるバーナーだ。

トレッキング・登山を行う人にとって大事なのは、「コンパクトであること」「火が安定して点火すること」

トランギアのアルコールバーナーは重要な2つの要件を満たした、シンプルかつ優れたバーナーと言える。

寒冷地・高地ではガスバーナーは安定しない

ガス系のバーナーは寒冷地・高地で点火しない場合がある。

アルコールを燃料に用いたアルコールバーナーであれば、どんな環境でも安定して点火できる。

近年OD缶を用いた登山専用のガスバーナーが出てきたものの、燃焼時の音や燃料のコストパフォーマンス、危険性、入手性を考慮した時にマイナス要素が大きい。

アルコール燃料は薬局などで手に入る

アルコールバーナーに用いる燃料用アルコールは薬局などで手軽に入手可能だ。

アマゾンなどの通販でも簡単に購入できる。

オススメのアルコール燃料をまとめているので、参考にしてほしい。

車中泊旅行で使う燃料用アルコールを比較!ケンエー,トーヤク,大洋製薬の3社のどれが良い?

アルコールバーナーの使用時の注意点

アルコールバーナーは火力調節が大まかにしかできない。

また、明るい場所では炎が見えないため、取り扱いは気をつける必要がある。

アルコールバーナーを使って沸騰する時間の目安

一般的に1リットルの水を沸騰させるためには、大さじ3杯(45ml)のアルコール燃料が必要。

沸騰まで10分から15分程の時間がかかる。

スウェーデン軍が愛用した中古品も魅力的

実際にスウェーデン軍が使っていたアルコールバーナーが手に入る。

トランギアのロゴが入っていないが、トランギア社が軍用に製造しているもので、通常の製品よりもひと回り若干大きめに作られている。

注意点としては、中古品なのでお手入れも必要なので、趣味程度と考えて割り切るのもありだ。

しかし、使い込まれた風合いがヴィンテージ感を出していて、さらに安価。ミリタリー系が好きな人にはたまらない。

トランギア アルコールバーナーの関連アイテムが充実

TR-B25用ゴトク

トランギア アルコールバーナーを真ん中に配置し、使用する五徳。

トランギアのクッキングツールの中に収まるように作られているため、収納性も高くコンパクトだ。

ケトル0.9ℓ・ツンドラ3ミニの中にアルコールバーナー本体と共に収納することが可能になっている。

重量:50g サイズ:φ9.7×H6.3cm アルミ製
トライアングルグリッドⅡ型

3枚のプレートを組み合わせて使う五徳。

シンプルながら、様々なクッカーを乗せることができ、折り畳み時のコンパクトさは素晴らしい。

重量:58g
ステンレス製
日本製
トランギア・T3

風防としての役割も高く、アルコール燃焼の火力も最大限引き出せる。

重量:99.5g 収納サイズ:径13.2×H10cm 素材:ステンレス製 付属:収納袋
TR-B25用プリヒーター

ストームクッカーにセットしたB25アルコールバーナーの下にセットし、グラスウール部分にしみこませた少量のアルコールを燃焼させることでアルコールバーナー本体内のアルコールを温める。

-20℃といったような厳冬期にも使用できるようになる。

重量:25g サイズ:7×3cm アルミ製
ミニトランギア

ソロキャンプにピッタリで、コンパクト。

ミニトランギアのセットがあれば、簡単な調理が十分にできる。

原産国:スウェーデン 重量:320g 収納サイズ:径15cm×高さ7cm 素材:フライパン/ノンスティック加工アルミ製、ソースパン/アルミ無垢 セット内容:15cmフライパン、ソースパン0.8L、アルコールバーナー本体、ゴトク
ゴトク付 アルコールバーナー

アルコールバーナーと五徳も一緒にセットになっている。

アルコールバーナー単体だと五徳を別途購入する必要性があるので、便利なセットだ。

アルコールバーナーと五徳セット
ジェルタイプの燃料用

ジェルタイプや固形燃料派であれば、便利なアイテム。

【傑作アウトドア道具No.2】トランギア ストームクッカー

トランギアのアルコールバーナーを主軸にした傑作調理アイテム「ストームクッカー」

トランギアのアルコールバーナーをピッタリ内部に納めて、安定した火力とコンパクトな収納性能を可能にした調理アイテム。

日本ではバイクツーリングでストームクッカーのセットを持っている人が多い。

風防としての役割もあり、火力を最大限活かせる。

「ストームクッカー」があればどんな調理も可能

フライパンとソースパンの2種類で、焼き物や煮物、鍋物もできる。

別売で、ケトルも一つにまとめて入れられるため、ちょっとした湯沸かしも可能だ。

ストームクッカーL・デュオーサル

熱伝導率の高いアルミを外側に、耐久性の高いステンレスを内側に使用したフライパンとソースパンを組み合わせたストームクッカーシリーズ。

Lモデルは、1.5ℓと1.75ℓの2つのソースパンとフライパンを組み合わせ。

別売の0.9ℓのケトルを収納することも可能。

重量:1130g 収納サイズ:Φ22×H10.5cm フライパン(Φ22cm):外側/アルミ製、内側/ステンレス製 ソースパン(1.5L、1.75L):外側/アルミ製、内側/ステンレス製
trangia トランギア 25シリーズ用収納袋

ストームクッカーは収納袋がないためあると便利。

ストームクッカーL、ビリーコッヘル2.5リットル用の収納袋

革製のレザーケースもある。

スウェーデンにて、手作りの革製品になっている。

レザー製(HandMade in Sweden)トランギアロゴ入り
2019年に発売された最新ストームクッカー用EVAケース
マルチディスク21cm

湯切りやまな板、ストームクッカーLの雪上で土台として使用することができるプレート。

ストームクッカーLの直径22cmのフライパンの内側にぴったり納まる。

あると便利なストームクッカー用ブラックリッド

LはストームクッカーLのソースパンに合う専用のULアルミ製リッド。

ストームクッカーの中にスタッキングが可能。

LはストームクッカーLのソースパンに合う専用のULアルミ製リッド。

ストームクッカーは大きさや材質の種類が豊富!

ストームクッカーには「デュオーサル」「ウルトラライト」「ULハードアノダイズド 」の3種類がある。各シリーズにはLサイズとSサイズがラインナップされている。

それぞれ材質や重量が変わってくるため、用途に合わせたシリーズを選ぼう!

デュオーサルとは?

熱伝導率の高いアルミを外側に、耐久性の高いステンレスを内側に使用したフライパンとソースパンを組み合わせたストームクッカーのシリーズ。

ストームクッカーS・デュオーサル

Sモデルは、1.0ℓのソースパン2つとフライパンを組み合わせている。

別売の0.6ℓのケトルを収納することも可能。

重量:880g 収納サイズ:Φ18×H10㎝ フライパン(Φ18㎝):外側/アルミ製 内側/ステンレス製 ソースパン(1.0ℓ×2):外側/アルミ製 内側/ステンレス製
ウルトラライトとは?

通常よりも強度のあるアルミニウムを使用することで軽量化を図ったストームクッカー。

デュオーサルに比べて、全体で約200gほど軽量になっており、よりコンパクトに持ち歩きたい人にはオススメだ。

しかし、軽量だが注意点があり、コーティングが薄いため空焚きは厳禁となっている。

フライパンであれば、全体をカバーできる調理が望ましく、ソーセージなど空きスペースがある調理は向かない。

ストームクッカーL・ウルトラライト

1.5ℓと1.75ℓの2つのソースパン、内側にノンスティック加工を施したフライパンを組み合わせている。

Lモデルには別売の0.9ℓのケトルを収納することも可能。

重量:900g 収納サイズ:Φ22×H10.5cm フライパン(Φ22㎝):アルミ製(ノンスティック加工済) ソースパン(1.5ℓ、1.75ℓ):アルミ製(無垢)
ストームクッカーS・ウルトラライト

1.0ℓのソースパンを2つ、内側にノンスティック加工を施したフライパンを組み合わせている。

Sモデルには別売の0.6ℓのケトルを収納することも可能。

重量:740g 収納サイズ:φ18×H10cm フライパン(Φ18㎝):アルミ製(ノンスティック加工済) ソースパン(1.0ℓ×2):アルミ製(無垢)
ウルトラライトモデルにはブラックバージョンがある

ストームクッカー・ウルトラライトモデルの表面に黒色塗装を施したシリーズ。

重量:1149g 収納サイズ:Φ22×H10.5㎝ フライパン(Φ22㎝):アルミ製(ノンスティック加工済) ソースパン(1.5ℓ、1.75ℓ):アルミ製(ノンスティック加工済)
重量:869g 収納サイズ:Φ18×H10㎝ フライパン(Φ18㎝):アルミ製(ノンスティック加工済) ソースパン(1.0ℓ×2):アルミ製(ノンスティック加工済)
ULハードアノダイズドとは?

ストームクッカー・ウルトラライトモデルにアルミニウムの腐食を防ぐために、ハードアノダイズド(陽極処理)加工を施したシリーズ。

ハードアノダイズドは、グレー系に自然発色し、通常のアルマイト加工よりも厚く硬い皮膜が生成。耐久性が高まるだけでなく、表面に汚れがつきにくくなるためお手入れも楽。

ただし空焚きは厳禁となっている。

フライパンであれば、全体をカバーできる調理が望ましく、ソーセージなど空きスペースがある調理は向かない。

ストームクッカーL・ULハードアノダイズド

Lモデルには、1.0ℓと1.75ℓの2つのソースパン、内側にノンスティック加工を施したフライパンを組み合わせている。

Lモデルには別売の0.9ℓのケトルを収納することも可能。

重量:900g 収納サイズ:φ22×H10.5cm フライパン(Φ22㎝):アルミ製(ノンスティック加工済) ソースパン(1.5ℓ、1.75ℓ):アルミ製(ハードアノダイズド加工済)
ストームクッカーS・ULハードアノダイズド

Sモデルには、1.0ℓのソースパンを2つ、内側にノンスティック加工を施したフライパンを組み合わせている。

別売の0.6ℓのケトルを収納することも可能。

重量:740g 収納サイズ:φ18×H10cm フライパン(Φ18㎝):アルミ製(ノンスティック加工済) ソースパン(1.0ℓ×2):アルミ製(ハードアノダイズド加工済

【傑作アウトドア道具No.3】トランギア ケトル

アウトドアでコーヒーを飲んだり、カップラーメンなどを気軽に食べたりしたい。

フリーズドライ製品なども食べる場合、お湯を作らなければならない。

そんな時、コンパクトなケトルがある。

トランギア ケトルはストームクッカーにピッタリ収まる設計!

0.6L 0.9L 1.4Lの3つの容量がラインナップされている。

このうち、ストームクッカーSサイズには0.6Lのケトル。

ストームクッカーLサイズには0.9Lのケトルがピッタリ収まるように設計されている。

トランギア ケトル0.6ℓ
重量:140g サイズ:φ13.5×H7.5cm アルミ製(無垢)
トランギア ケトル0.9ℓ
重量:190g サイズ:φ15×H8.5cm アルミ製(無垢)
トランギア ケトル1.4ℓ
重量:約200g サイズ:φ15×H12cm アルミ製(無垢)

【傑作アウトドア道具No.4】トランギア メスティン

メスティンさえあれば、ご飯を炊いたり、鍋物やラーメンなどの調理もできる。

トランギア メスティン

取手付きアルミ製飯ごう(メスティン)。

小物入れにも便利。

熱伝導率の高いアルミ製のため、熱が全体に回り、アルコールバーナーでもごはんが大変美味しく炊ける。

重量:150g サイズ:17×9.5×6.2cm 容量:750mℓ アルミ製(無垢) □ 炊はんの目安:約1.8合まで
赤いハンドルで個性が出るトランギア メスティンの色違い
重量:150g サイズ:17×9.5×6.2cm 容量:750mℓ アルミ製(無垢) □ 炊はんの目安:約1.8合まで

【傑作アウトドア道具No.5】トランギア フューエルボトル

アルコールバーナーの燃料を持ち運ぶ際に重宝する入れ物。

アルコールは商品によって注ぎ口の形状が異なり、液ダレなどもある。

そんな時にトランギア フューエルボトルに入れ替えておくと、燃料追加時に垂れずに注ぐことができる。

トランギア フューエルボトル

0.3ℓ 0.5ℓ 1.0ℓのラインナップがある。

0.3L:重量:95g サイズ:Φ6.5×H11.9㎝、燃料容量:300mℓまで
0.5L:重量:115g サイズ:Φ6.5×H23.5㎝、燃料容量:460mℓまで
1.0L:重量:160g サイズ:Φ8.0×H29.0㎝、燃料容量:930mℓまで
オリーブ色のフューエルボトルも登場!

色違いでオリーブ色も登場した。

重量:95g サイズ:Φ6.5×H11.9㎝ 燃料容量:300mℓまで
重量:115g サイズ:Φ6.5×H23.5㎝ 燃料容量:460mℓまで
重量:160g サイズ:Φ8.0×H29.0㎝ 燃料容量:930mℓまで

一覧へ戻る

プロフィール

プジョーに乗って全国を車中泊・旅行しています。

道の駅やサービスエリアなどの施設紹介。

美味しいパン屋さんやスイーツといった飲食店巡り。

車中泊できる車の紹介を行っています。

その他、アウトドア・車中泊に便利な新商品や新施設の紹介を「旅ナビ308」にてニュース配信を行っています。合わせてお読みください。

Youtubeはじめました!▼

公式ユーチューブチャンネル

Instagram(インスタグラム)はこちら▼

公式Instagram

旅ナビ308が厳選した夏キャン&車中泊アイテムを特集しました!

広告掲載について

当サイト(旅と思い出)では旅行先で立ち寄りたいお店や施設、場所などを掲載しております。

また、オススメしたい商品などもレビューさせていただいております。

掲載例や広告の詳細についてはこちら

お問い合わせやご要望、取材、広告掲載についてはこちら▼

tavi.navi308@gmail.com

アウトドア特集!

車中泊・オートキャンプ・アウトドア・キャンプはこれからのシーズン!アウトドアの豆知識や今買っておきたいオススメアウトドアギアをご紹介!

【LOGOS】アイスクリームが11時間持つ!?ハイパー氷点下クーラーボックス

【情熱麺屋313】バス車内で食べるラーメン!?運転手が手掛けるこだわりの一杯

【大阪浪花家】真の鯛焼きを味わう!100年を越える伝統と技が作る本物の味

【小野よしくら】兵庫県小野市で地産地消にこだわった絶品うどん屋さん

車中泊旅行で温泉に入ろう!これだけは持っておくと便利なもの

車中泊とコーヒーはロマン溢れる最高のひと時!旅先で淹れる格別の一杯

車中泊にシェラカップは超便利!何役もこなす最強の道具だった!?

プジョーで冬の車中泊!0度以下でも快適に過ごすためのアイテムを紹介

車中泊で暖房つけっぱなしにするとどうなる?車の暖房は判断を誤れば危険が潜む

【2020年最新】プジョーリフターは完全な車中泊旅行用!?特別モデルの詳細とは?

【Peugeot RIFTER】リフター日本上陸予定!!2020年アウトドア・車中泊界に最強の車が投入!

【初心者必見】一眼レフ買ったら絶対揃えたいお手入れグッズ!

車中泊旅にオススメな一眼レフカメラをご紹介!Nikon D5600を使って旅撮影!


カテゴリー

プジョー

初めての愛車はプジョー。その魅力や最新情報をまとめています。詳細へ

名所・温泉

車で行くことができる名所、秘密の絶景ポイントをご紹介。各地の湯めぐりも交えて語ります。詳細へ

食事・お土産

旅先で立ち寄った、穴場のグルメスポットや、名産品などのお土産をご紹介します。ぜひ買って帰りたい商品など盛りだくさんな内容です。詳細へ

車中泊オススメ情報

オススメのポケットWiFiやWiFiスポットの活用法など旅先でのインターネットについて詳細へ

車中泊旅行に最適なインターネット!

オススメのポケットWiFiやWiFiスポットの活用法など旅先でのインターネットについて詳細へ

車中泊ができる外国車

外国車でオシャレに車中泊をしよう!ディーラーでは紹介されない車中泊利用について詳細へ

地元民は知っている、穴場スポット(関西編)

一般的な観光や、修学旅行などでは到底行くことがない場所をピックアップ。地元の人が大切にするお店や味、スポットなどをまとめました。詳細へ

地元民は知っている、穴場スポット(西日本編)

一般的な観光や、修学旅行などでは到底行くことがない場所をピックアップ。地元の人が大切にするお店や味、スポットなどをまとめました。詳細へ

How to

知識を広げるためのコンテンツです。詳細へ

買っておきたい便利グッズ

車中泊や、キャンプ趣味で買っておきたいグッズ詳細へ

サービスエリアをご紹介

ドライブで立ち寄るべきサービスエリアをご紹介します。車中泊スポットとしても、活用できます。詳細へ

フランス車をご紹介

フランス車の全て!オシャレに楽しめて車中泊も余裕なフランス車をご紹介!詳細へ

カメラをご紹介

車中泊旅にオススメな一眼レフカメラをご紹介!詳細へ

アウトドアの豆知識

車中泊やアウトドア、キャンプで役立つ情報や豆知識をご紹介!詳細へ

全記事一覧へ

旅と思い出 全記事一覧はこちら!詳細へ

INFORMATION

【LOGOS】アイスクリームが11時間持つ!?ハイパー氷点下クーラーボックス
【情熱麺屋313】バス車内で食べるラーメン!?運転手が手掛けるこだわりの一杯
【大阪浪花家】真の鯛焼きを味わう!100年を越える伝統と技が作る本物の味
【小野よしくら】兵庫県小野市で地産地消にこだわった絶品うどん屋さん
【2020年最新】プジョーリフターは完全な車中泊旅行用!?特別モデルの詳細とは?
【Peugeot RIFTER】リフター日本上陸予定!!2020年アウトドア・車中泊界に最強の車が投入!
【初心者必見】一眼レフ買ったら絶対揃えたいお手入れグッズ!
車中泊旅にオススメな一眼レフカメラをご紹介!Nikon D5600を使って旅撮影!
車中泊はこれからの秋が最高!持っておくと便利な旅小物まとめ
【308 TECH PACK EDITION】新登場!フランスらしさをまとったプジョー308をご紹介
1年間使って良かったオススメ車中泊グッズをご紹介!
島根県の三瓶山は車中泊旅の目的地としてオススメ!?
高速道路のインターチェンジやジャンクションを間違えた時の対処法とは?特別回転を使おう!
大分で夏場の車中泊!真夏に16℃の涼しさで楽しめる稲積水中鍾乳洞
車中泊の暑さ対策!持ち運びできるエアコンが夏を乗り切れる最強アイテム!?
【Ferraboli】アウトドア界のフェラーリ!?イタリア発のハイセンスキャンプギア5選
プジョー新型デザインへ全モデル刷新か?新型208・508から見る変更点とは
プジョーコンセプトカーから紐解く伝統と使う人を考え抜いたデザインの魅力とは?
【実演動画付き】ご飯を炊こう!キャンプ道具で自動一合炊飯する方法
【EVERNEW】エバニュー傑作チタンギア5選!軽量コンパクトを極める
ソロから2人用に便利なキャンプ用オススメ調理器具!
アウディQ7で車中泊!パワフルなSUVで居住性が抜群
アウディA4 Avantで車中泊!ドイツ車ステーションワゴンの魅力とは?
【Esbit】エスビット傑作ストーブ6選!ポケットに入る極小コンロ
【Trangia】トランギア傑作アウトドアギア5選!コンパクトで頑丈なキャンプ道具
夏の虫対策!嫌な害虫避けや毒虫に刺された時の対処方法とは?
車中泊で美味い食事を1発調理!フリーズドライはここまで進化!
鳥取県境港で車中泊!釣り・カニ・寿司も楽しめる旅行になること間違いなし!
【UNIFLAME】ユニフレーム傑作ギア10選!新潟発アウトドアブランドの魅力に迫る!
【VARGO】バーゴの魅力に迫る!チタン製で軽量丈夫なアウトドアギア
車内で安全な調理ができるオール電化車中泊!
【要注意】ガス缶の取り扱いについて!ガスバーナーは便利だけど安全第一!
【豆知識】CB缶とOD缶とは?車中泊で使い易いバーナーを選ぼう!
プジョーが8速オートマチックを308・3008・5008へ導入!8速ATのメリットや乗り味は?
車中泊の暑さ対策と便利グッズ!梅雨や夏を快適に過ごすための工夫とは?
小矢部川SAが凄かった!充実の北陸土産が手に入る車中泊旅に!
渋滞回避の秘儀!Uターンラッシュや帰省ラッシュ避けて賢く運転
車中泊に最適なWiFiは?繋がりやすさや価格を徹底比較してみた!
フランス車の全て!オシャレに楽しめて車中泊も余裕なフランス車をご紹介!
道の駅で車中泊は危険?安全に車中泊を行うための心得
車中泊に使えるマットを紹介!ストレスが無く寝心地の良いマット選びをしよう!
プジョー208 GT Line Black Packが登場!スポーティーにデザインされたフレンチコンパクトを詳細検証
プジョー308の故障について!年3万km超を走ったオーナーが語る本音
春の車中泊は準備が大切!軽装備が命取り!?
宝塚北サービスエリアの車中泊活用方法!連休中に新名神を通りたくなる理由
プジョー3008は車中泊や普段使いに優れている洗練されたSUV
滋賀県へ車中泊旅行!ロープウェイに乗って絶景デートスポットへ!
車中泊とモンベルクラブ会員は相性が良い!?知らないと損なモンベル会員特典の活用方法
車中泊は危険が潜む!安全に楽しむために気をつけたい実体験を元にした注意点
外車で車中泊をしよう!国内で手に入りやすい車中泊ができる外車リスト
ステーションワゴンで車中泊するメリット・デメリットとは?オススメの外車ステーションワゴンも合わせて紹介!
【車中泊プロ直伝】車中泊オススメグッズ30選!休日にゆったりと手軽に楽しみたい人や初心者におすすめ!
京都の道の駅「南山城村」へ車中泊旅行をしよう!濃厚抹茶アイスは絶品!南山城村産の抹茶や地元野菜は新鮮で美味しい
プジョーオーナーが語る故障について。車中泊ができる外車を買いたいけど故障が気になるのでは?当たりを引かないための選び方
新型プジョー508SWは車中泊に最適!プジョー乗りが教えるフランス車の楽しみ方!国産車から外車に乗り換えたら価値観が変わった
外車で車中泊をしよう!出雲大社へ車中泊の旅。長期休暇に行っておきたい神秘的な景色を見に行こう。
車中泊旅行で役立つ豆知識!運転中に窓ガラスの曇りが取れない時の対処方法。意外と知られていない速攻曇り除去のやり方について
東京の名湯「小杉湯」は人生で一度は行っておきたい温泉!東京周辺で車中泊をして、中心部には観光に行く!
車中泊旅行で使う燃料用アルコールを比較!ケンエー,トーヤク,大洋製薬の3社のどれが良い?
車中泊にぴったりな外車!プジョー5008の特別仕様車 CROSSCITYが登場。より洗練されたインテリアと限定デザインの詳細をご紹介!
★PR:まさか、この値段で!?4Kが撮れる超高画質 TENKER社アクションカメラのご紹介
外車で車中泊旅行をしよう!「宿毛 だるま夕日」は人生で一度は見ておきたい絶景!
買って失敗しない!初心者からベテランまで幅広い層が共通して使っている人気車中泊アイテムを紹介
外車で車中泊旅行をしよう!足摺岬は連休休暇にオススメ!足摺海底館とジオパークの魅力とは?
ポルシェから車中泊可能な車!?パナメーラ4スポーツツーリスモは高級スポーツカーで車中泊ができる
大阪の超行列人気ラーメンを並ばずに食べられる!「人類みな麺類」の味をサービスエリアで!
外車で車中泊をしよう!新機能を搭載したプジョー 308 SWが長距離旅行に優れている理由とは?
【永久保存版】災害時に命が助かる車中泊装備!これだけは積んでおきたい非常用防災グッズ
京都でスイーツを食べるなら清水一芳園へ行こう!工夫を凝らした濃厚抹茶パフェは絶品!
外車で車中泊旅行をしよう!お洒落に楽しめ実用性も兼ね備えたオススメSUVを紹介
車中泊で暖房つけっぱなしにするとどうなる?車の暖房は判断を誤れば危険が潜む
滋賀県近江八幡にある究極のこだわりパン屋さんへ!オシャレで美味しいパンが盛りだくさん!
車中泊で車の電気を使わなくても明るいライトを紹介!ソーラー発電なのに家のライトと同じ明るさ!
車中泊ができる車に買い替え!今乗っている車を高く売るためには?
寒い冬は焚き火で温まろう!車中泊旅行にオススメな焚き火台をご紹介!
車中泊キャンパーなら加入必死!Amazonプライムが超お得な理由とは?
車中泊にオススメな大容量ポータブルバッテリー!災害時にも大活躍!
車中泊旅行で温泉に入ろう!これだけは持っておくと便利なものをご紹介
車中泊とコーヒーはロマン溢れる最高のひと時!旅先で淹れる格別の一杯
車中泊にシェラカップは超便利!何役もこなす最強の道具だった!?
プジョーで冬の車中泊!0度以下でも快適に過ごすためのアイテムを紹介
京都出町柳駅前「柳月堂」こだわりパン屋さんをご紹介!パンといえばを思い出させてくれた
ELECOMのガラスフィルムは一度知ったら戻れない。最強のケースも合わせてご紹介!
プジョー5008は一台あれば車中泊旅行も楽々!?SUV市場の中で最もグッドルッキングな1台!
プジョー308乗りがフランス車の楽しみ方を教える!国産車から外車に乗り換えたら価値観が変わった
プジョー208試乗レビュー 国産車から外車に乗り換えたら価値観が変わった
ジャガーのステーションワゴンは車中泊に便利?高級車SWを紹介
姫路市の日帰り温泉、「はしだや交流センター ゆたりん」 は車中泊旅行にオススメ?
鴨方といえばうどん!?そうめんじゃないの?絶品のうどんをご紹介
GoPro Hero6 購入レビュー!ユーチューバー愛用のアクションカム購入
旅と思い出 公式ブログ
お問い合わせやご要望、取材、広告掲載についてはこちら▼
tavi.navi308@gmail.com
Youtubeはじめました!▼
公式ユーチューブチャンネル
プライバシーポリシーについて
ページのトップへ戻る